スリム化はフィットネスクラブで|スポーツジムの減量は楽じゃない!

2017年11月24日

フィットネス・クラブの最新事情を追加いたしました。

スポーツジムでは上手く痩せられない

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

恐らく運動不足を解消する目的で多くの方がスポーツジムに通われて

いると思います。

私も以前通った事があります。 

 

目的は、膝を痛めたのでそのリハビリのためです。

そもそも膝を痛めた原因は、ダイエットの目的でウォーキングを準備もなし

に強引に、いきなり7Kmも歩いた事が原因で、膝に水が溜まってし

まいました。

 

学生時代であれば単に疲れただけで済んだのでしょうが、立て続けに

4日間もウォーキングをなめて掛かって準備もなしに7kmも行ったのが

間違っていました。

 

こう言うことが2度ほどあってから、準備期間では2~3kmとして

徐々に距離を伸ばしていきましたら、最近は7km~8kmは可能に

なって来ました。

スポーツジムの継続

このスポーツジムでのダイエットですが、運動を行っているの

で間違いなくカロリー消費に充分役立っています。

 

1.   しかし、単調な運動が大半なので中々継続できません。

筋トレマシンだとかロードランナーとか、最初の内だけは

汗を流して頑張っていますが、やがて飽きてきます。

 

もしも誰でも飽きて来ないという事があったら、昔買った

ルームランナーやぶら下り健康器が物置に邪魔そうにおい

てあるって事は無いでしょう。

2.  通い時間の問題があります。

仕事が終わった17時過ぎか日曜祭日になります。

 

通いの時間とトレーニング時間を合わせると場合によって

は4時間近く掛かってしまいます。

 

仕事の合間にこの時間を捻出するのはかなり大変です。

 

逆太りの問題

特に中年以降の男性に多いのが、クラブで汗を流し、サウナ風呂に

入って体重計測では、発汗で2kg位は体重が減っています。

 

そこで、つい行きつけの居酒屋で生ビールをグイ~~

そりゃ、美味しいでしょう。

しかし、こんな事を行っていたら絶対にダイエットはできません。

太ってしまうと思います。

 

スポーツジムは健康維持とストレス解消の場所と考えておいた方が無難です。

   

インストラクターの方にダイエットを依存するのはやめた方がいいと

思います。

 

 運動不足を単に解消する  ≠  減量

 

 体脂肪の燃焼

スポーツジムでは筋トレを必ず行いますが、上手に体脂肪を燃やす

には筋トレの他の、有酸素運動を行って体内脂肪を燃焼させる必要が

あります。

 

最近は有酸素運動が体脂肪燃焼に効果的だと理解されてきましたが、

より効果的に体脂肪燃焼を図るのであれば、筋トレを充分に行って

から有酸素運動を行うべきです。

 

筋トレを行う事によって脂肪分解に効果のあるホルモンがまず分泌されます。

その結果、体脂肪がエネルギー源となりますので、有酸素運動を行う事で

このエネルギー源=体脂肪が燃焼できるわけです。

 

体脂肪をエネルギー源にするにはケトン体質に改善すれば楽に行えます

 

ケトン体質に改善する方法はこちらに掲載しています
体脂肪の分解で減量できた糖質制限とケトン体ダイエットの効果

体脂肪がケトン体ダイエットとスクワットで燃焼|40代の肥満と健康

 

この様に考えると平坦なコースのランニングよりもアップダウンの

起伏があるコースを軽くジョギングしたり、急な上り坂や階段の

あるコースをウォーキングを行う事で、筋トレも取り入れた体脂肪

を効果的に燃焼させる有酸素運動が行えると考えられます。

体脂肪を効果的に燃焼させるには、「筋トレ+有酸素運動」を行うことです。

体脂肪の落ち方

お腹の体脂肪を落とす目的で、腹筋を集中的に行っている方がおり

ます。

しかし、残念な事に、その脂肪の付いている個所の筋肉を使用しても

そこの脂肪だけが削られる訳ではありません。

 

脂肪と筋肉は別の部位であるので、運動をさせた筋肉が強化される

ことはあってもその上についている脂肪が削られる事は無いと考え 

てよいのです。

 

 

脂肪と筋肉は別物

もしも、鍛えた筋肉の付近に脂肪が付かないと仮定すると、格闘技

の相撲、柔道、レスリングの重量級の選手でも全てやせ形のスリム

体系の選手しかいないという事になってしまいますが、事実、この

様な事はありません。

ですから、お腹の体脂肪を落とすのに腹筋をしても無駄な事と言う

事になります。

 

ここまでの話は昔からあるスポーツジムの話です。

最近のフィットネスクラブ事情

既存のスポーツジムは筋トレ器具を利用して汗を流して、プール

では有酸素運動でダイエット(主に減量)を行うのが目的です。

 

フィットネス・クラブは筋トレでスリムな体形を作るのが目的です

 

スポーツジムメリットとデメリット

一般的なスポーツジムのメリットとデメリットです。

<メリット>

1.入会金・月会費が比較的安い
       入会金:約3000円~
       月会費:約1万円~1万6千円

2.目的別にスケジュールが自分立てられる

3.ゴルフ、ヨガ、ダンス、エアロビ等の運動が
楽しめる

 

<デメリット>

1.ダイエットの目標と実行は自己責任

2.個人専任トレーナーは少ない

3.筋力アップを究極目的にしていないので
スリム化できるとは限らない

 

フィットネス・クラブのメリットとデメリット

スリム化に特化したフィットネス・クラブのメリットと

デメリットです。

<メリット>

1.スリム化を目標とした健康ダイエットなので
スマートな体形達成が可能

2.糖質制限の食事指導を行い体質改善から実行する

3.個人専任のトレーナーが体形データを解析して
スケジュールを計画立案して実行する

4.コストパフォーマンスが高い、スリム体型はほとんど
実現可能である。

 

<デメリット>

1.費用が高額(約16万強/月)

2.主に筋力トレーニングだけを実行する

3.健康管理(血圧等の病歴)上の問題によって入会
を断られる可能性もある。

 

この様にフィットネス・クラブはスリムな体形を作り

健康ダイエットを達成するのが目的です。

 

フィットネスクラブはスリムな体形作りと筋トレそして

糖質制限ダイエットが面倒だな~って思っている方にこそ

絶対にオススメです。

 

詳しい事はこちらの記事から確認してください。

2ヶ月で筋肉強化のRIZAP!基礎代謝UPで限界超えるダイエット

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリページに戻る<ダイエットの注意>

TOPページに戻る<TOP>