食事でダイエットしたら有酸素運動で体脂肪を解消

体脂肪を落とすには運動が必要

内臓脂肪を落とすには運動が必要不可欠です。

しかし大体の方がスポーツジムで挫折してしまいます。

関連記事➡スポーツジムのダイエットは?

以前にも書きましたが、スポーツジムの運動が単調であることと

仕事の合間に行う事が中々できないことが原因です。

 

運動は必ずしもトレーニングウェアを着ていなければ行えない

と言う事はありません。

そして、日常生活の間で上手く取り入れる事が必要です。

通勤時の駅のエスカレータをなるべく階段で歩いて上る。

通勤の帰宅時は2駅前で降りて徒歩で帰る。

 

何もウォーキングはトレーニングウェアを着て行わなければ

いけないと言う事はありません。 

 

帰宅時に歩くコースも平坦な道でなく、急な山坂がある道を歩く

駅から自宅までの帰宅の道もコースを選べば、平坦な道での有酸素

運動と急こう配の坂道での筋トレが同時にできます。 

 

筋トレと有酸素運動を別に行うというのはスポーツジムだからで

あって別段、同時に行っても構わないのです。

私事ですが、1kmの駅までの道を急こう配の道に変えた事で

膝の周りに筋肉が付いて以前よりも膝が強化されました。

 

糖質エネルギーと脂肪燃焼は同時に

エネルギーの消費は優先的に糖質エネルギーを消費し、その後で

で無ければ体脂肪は燃焼しないと長年言われていました。

 

現に、つい最近まで有酸素運動では30分以上を経過しないと脂肪燃焼は

行われないと言ましたが、ところが最近では30分を経過しなくても、最初から

体脂肪の分解が始まって、糖分エネルギーと共に体脂肪もエネルギーとして

使用される。と言う事が言われています。

 

運動した時間に消費エネルギーは比例する

30分以下の、有酸素運動であってもダイエットに有効的です

 

1日、細切れに5分、10分、30分と時間帯を変えて行ってもそれは

エネルギーの消費活動になるようです。

それだったら、軽い気持ちでウォーキングでも階段上りでも運動と

考えて行えばよいでしょう。

 

簡単なスクワットを昼休み時間帯に行っても良いし、仕事中に

リフレッシュの目的で屈伸運動を行っても良いのです。

 

何も、意気込んで猪突猛進で運動に突撃する必要はありません。

逆に意気込んで実行すると、挫折しやすいです。

 

運動で挫折するのは、このパターンが多いはずです。

 

ウォーキング歩数は約1万歩

日常的に部屋の中でも建物の中でも歩いているはずです。

この日常的な運動に、暇な時間でも運動、帰宅時の歩行を工夫

すれば、1日1万歩は特別に気合なんか入れなくても達成できる

はずです。

 

しかも、スポーツジムでは無いので無料です。

少し、最近はサボったと思っても、また簡単に再掲できます。

 

逆に気合を入れすぎて、ウェアにシューズ、専用バック…

なんて用意周到にしすぎると、都合で行動できなかった場合に

精神的に、ウェアを見るのも嫌になって自然消滅の挫折が待って

います。

ストレスから食に走る

運動に挫折すると場合によってはストレスから、脳はストレス解消

の目的で他の欲求を満たそうとします。

ダイエットしている人に一番多いのは、食に走ってしまう事です。

俗に言うヤケ食いと言うストレス発散です。

 

簡単ウォーキング

ウォーキングを行うには歩数計は用意すべきです。

現在では、歩数の他に消費エネルギーも毎日カウントして記録してくれる

ものまであります。

価格も2000円以下でも充分な機能がそろっています。

スマホのアプリでも当たり前の様にダウンロードして使用できます。

 

まずは1日の歩数を計測しよう

歩数計を胸にぶら下げるか、腰のベルトに通してポケットに入れるか

朝、出発時に簡単に装着して帰って来たときに歩数を確認しま

しょう。 

 

それで、1万歩歩いていなければ、次は帰宅時に2駅前、3駅前からウォー

キングして何とか1万歩を達成しましょ。

 

全く運動していない状態ですと駅の階段も学校・会社の階段も少々

つらいかもしれません。

そこで、気合を入れて距離を伸ばそうはやめましょう。

 

ウォーキングは立派な運動です

時々、ウォーキングをするには胸を張って足を高く上げて等と書い

ている情報がありますが、気にすることはありません。

自分のペースで進めてください。

 

ウォーキングのフォームなんて人それぞれで構いません、そのうち

に慣れて来れば少しづつ理想のフォームに近づいて来ます。

 

まずは運動をすることが目的です。

もっと大切なことは挫折しないことと故障を起こさないことです。

 

筋肉痛では無い

運動不足の人間がウォーキングを行うと2km位のウォーキング

でも筋肉痛が発生します。

これを根性論で推し進めると、膝の関節に痛みが生じて関節炎

なります。

 

こういう経験は運動不足の私の様なウォーキング未経験者は

起こしやすいものです。

 

故障を防ぐには筋肉や関節が慣れるまで2km位に抑えて、痛みが

あるならば2・3日はウォーキングを休む様にしましょう。

 

ここで無理に強行すると関節炎から膝に水がたまります

病院で注射器で水を抜く事になります。

回復するまでにリハビリも必要です。

 

兎に角最初は2kmから段々と距離を伸ばしていきます。

 

1.準備段階では2km位から徐々に距離を延ばす。

2.無理な根性論で続行しない。

3.膝の周りに違和感が出たら、ウォーキングを中止して、

2・3日休養を取る。

4.最初からフォームを気にし過ぎないで、運動不足の体の

手入れをする。徐々に歩行距離を伸ばすようにする。

 まとめ

1.中性脂肪を落とすには運動が必要です。

2.日常の生活の中で歩行運動を取り入れよう。

3.有酸素運動は30分以上行わなくても、実行段階から

中性脂肪が燃焼する。

4.仕事中でも移動には歩行、社内では階段で移動するなど

運動量を増やす事を工夫しましょう。

5.ウォーキングでは無理をしないで徐々に距離を伸ばしましょう。

6.ウォーキングで筋肉痛や膝痛が発症したら2.3日は休養しましょう。

 

 カテゴリページに戻る➡<正しいダイエット>  

  TOPページに戻る➡<TOP>