カロリーを制限して便秘!基礎代謝量を無理に減らすからです

水分補給は充分ですか?

体質改善を行って代謝を上げることで痩せ易い体を作る

事が重要です。

内臓、筋肉の活動を活発にして基礎代謝量を下げないで体内のエネルギー

充分消費内臓脂肪どを溜め込む事はありません。

 

代謝を活発にするにはタンパク質、ビタミン、ミネラルの他に充分な水分

補給が必要です。

また、水分は血液の循環を良くするとともに体内から老廃物を排出する

重要な役割も行っています。

特に腎臓に心配のある方(腎臓結石)は兎に角、水を毎日2L以上は飲んだ

方が良いです。

腎臓結石は水分で流してしまう事が自然治療です。

治療薬や治療の方法が腎臓結石には無いと言っても良いですからね。

胆石も経験ありますが、腎臓の結石も経験があります。

拷問ですよ全く。

健康には水は絶対に必要です!

 

代謝機能の低下が招く便秘

便秘を起こしますと肌荒れ吹き出物と言った様な症状も発生して

痩せにくい体質になると、この様に体調も不調になって来ます。

便秘を慢性的に起こしていますと、腎臓や肝臓の機能低下も起こすよう

になりムクミを起こし易くなります。

ムクミの症状が発生した時に、その症状を気にして水分を抑制すると

悪化させる事になります。

 

ムクミの原因は血液の血しょうの停滞です

ムクミは血液中の赤血球、白血球、血小板を除いた液体の事で一般的

血しょうと呼ばれています。

その役割としては酸素、水分、栄養素を細胞に運ぶとともに老廃物を回収する働きです。

この血しょうが細胞間にとどまってしまう事があります。

この様な状況になると皮膚の下に水分や老廃物が滞留いたします。

これがムクミです。

ムクミの症状

1日中、机に座りっぱなしで事務作業を行っていたりすると

下半身の太もも、膝の裏の血管が圧迫されて血液が流れにくくなって

ムクミを起こし易くなります。

 

水分を充分にとる事と筋肉をほぐすなどして血行を良くする事が重要です。

 

栄養素が最大効果を発揮!それは腸内環境の改善です

代謝機能を向上させる食事はタンパク質、ビタミン、ミネラルが重要だと

言いましたが、いくら良質な食事を行っても、体内でこれらの栄養素を

吸収する内臓が最大限に機能する事が絶対条件となります。

それには腸内環境が良くなければいけないのです。

ダイエットにおいても腸内環境が悪化していれば代謝機能は低下しますし

便秘、肌荒れ、ムクミの症状が起きます。

 

痩せられない原因がその体質であるとすると腸内環境の状況は非常に重要

なファクターとなります。

腸内環境については最近では段々と知られてくるようになりました。

悪玉菌とか善玉菌とか話に出てきます。

問題になっているアトピーやアレルギーに関しても腸内環境が大きく

かかわっていると言う事も確認されてきています。

 

タンパク質の取り方と腸内環境

先にタンパク質の摂取が代謝機能向上につながると言いました。

ただし、腸内環境の面から考えると動物性の肉ばかり食べて

タンパク質を摂取していると腸内の悪玉菌の数が増えると言う事に

なります。

 

タンパク質の内容をバランスを考えて摂取した方が良いでしょう。

腸内環境を第一と考えるのであれば、ヨーグルト、チーズ、納豆、

キムチ等の発酵食品が適しています。
      *チーズは中性脂肪&コレステロールが上昇しやすい食物ですから過剰摂取に注意して下さい。

 

腸内環境向上、原因はカロリー制限の効果

先に低カロリーダイエットを極端に行うと基礎代謝量が低下して

痩せにくい体質になると言いました。

この低カロリーダイエットですが、極端な方法は害が大きいのですが

最近の研究では適度に行えばダイエットに効果的で腸内環境も向上する

と言う研究発表がなされております。

その方法は週2回の限定で、カロリーを25%減らす食事をした結果、多くの

被験者がダイエットに成功し腸内環境が向上し、更にメタボ予防と長寿の結果

をもたらしたという事です。

この研究発表が2011年と多少古いですが、現在も否定的な検証結果は見られ

ません。

ただし、低カロリーが絶対的に優位と考えて、知識も無く断食を行うのは良く

ありません。

逆に腸内の悪玉菌を増加させて、腸内環境の悪化を招くことになります。

カロリー制限25%とは

自由が好きなだけ食べた時を摂取カロリーの標準値として、その25%をカット

すると言う事です。

 

下の表は厚生労働省が発表した1日当たりの必要カロリーを性別・年齢別に

記載したものです。

25%のカロリー制限としますと、

18歳~49歳では男性1987kcal、女性では1462kcal程度となります。

身体活動レベルとはⅠ:低い、Ⅱ:普通、Ⅲ:高い を表します

通常のダイエットにおける摂取カロリーが1800~2000kclですから、男性では多少

ロリー制限量が低いのでは無いかと思われます。

代謝機能の向上には、腸内環境の改善を心がけることによってダイエットを

効率的に実行できるという事が解ります。

 

まとめ

 

1.水分補給を充分に摂取して便秘、ムクミを予防する

2.腸内環境の改善によって、代謝機能の向上を図り痩せる体質に改善する。

3.タンパク質は代謝機能向上には欠かせないが、肉類の過剰摂取は控えて
     
発酵食品を摂取する

4.25%程度のカロリー制限は腸内環境を改善し、メタボ予防、長寿の恩恵
      も受けられる。 

 

   カテゴリページに戻る➡<ダイエットの注意>

      TOPページに戻る<TOP>