本来、体重は自動管理されているはず

体重の自動管理を取り戻せ永久にダイエット

人間は本来 食べたい物を好きな様に食べたいだけ食べても

本能的な制御が働いて、自分の体調を守るように体重の自主管理

が、できる様に作られているようです。

この自主管理機能を取り戻せば 
                本能の機能で永久にダイエットできます。

 

 

しかし、生活環境の大きな変化で 自分達が意識して体重に

気配りをし  管理をしないと  健康を脅かすほどの肥満体に

なってしまう様になってしまいました

 

一体いつからどの様な原因で自分達の本来備わっていた

体重管理制御装置が狂い始めたのか  そして、本来、私達が

が本能として持っているこの機能をあるべき姿に取り戻す

事ができるのか、とりまとめて書いてみました。

 

 

人間本来の生活適応能力

 

今でも原始時代と近い狩猟採集の暮らしをしている、民族は

現代人が悩まされる生活習慣病を発症することなく、ストレス

も溜めず、虫歯も無く肥満児もいないと言う事です。

 

確かにこの話は何十年も前からTV等で見て知っていましたが

、原因らしいものをその当時は掴んでいませんでした。

 

しかし最近少しづつ長年の研究が発表されるようになって来て

います。

 

体重管理制御装置を狂わせたものは?

人間は本能として自然環境に適応できるように作られていて

体重の管理もその一つとして存在する様です。

 

しかし、現代人の多くが体重管理の本能を 狂わされてきている事も

事実です。

何が、本能として生まれた時から兼ね備えていた体重管理制御

装置を狂わせたのか?

驚くべき事に食品製造業者が利益の為に生み出した加工食品で

あると言う事の様です。

 

加工食品の弊害は 最近では  信憑性の高い情報も流れています。

例えば加工肉(ソーセージ、ハム、ベーコン)は食生活で摂取し

過ぎると大腸癌を発症する確率が非常に高いと言う検証結果が

医学界から  発表されています

 

10年近く前に大腸癌を発症して手術を行った時にも内科医、外科医

からともに加工肉を今後は「注意して食べる様に」と強く言われまし

た。

現在では大腸癌の原因は加工肉だ!  とも  当たり前の様に医者の口

から出てきます。

加工肉も含めて加工食品は人間にとって本当にリスクの高い食べ物

なのでしょうか、まとめてみました。

 

加工食品と加工調味料

スーパー、コンビニで販売されている、冷凍食品、インスタント麺、弁当、

スナック類、ハンバーガー、ホットドック等々

ほとんどの食品が 加工食品を 使用した材料で作られていたり、調味料を使用

したりしています。 

 

これらの加工食品には人間の体が味覚中毒症状を起こすような最先端

の現代科学技術に基づいて作られています。

 

加工食品メーカーは販売量を如何に増やすかを研究して、人体がドンドン

食べたくなる食材、やめようとしても  やめられない食材を己の利益の為

に作ってきた模様です。 

 

うまみを最大限に引き出す、調味料は私達が意識する事無く 知らない間に食品

に混入されて販売されています。

食べだしたら止まらないエビセン、妙に後味が残る麺汁 その美味しさが舌に

残るカレールー  味付け具材等々  考えると あれもこれも怪しい

食材ばかりです。

 

これこそ、脳にβエンドルフィン分泌の覚醒作用を及ぼす食品の麻薬

食材、調味料に混入しているのではないだろうかと疑問が起きてきます。

この 話に連動して 日本の食卓から 魚が消えつつある現状と関係してるのでは

無いでしょうか

 

その一方、肉の消費量は 50年以上前と比較すると相当増加して

いると思われます。

 焼肉の下味を舌が覚えてしまうと 強烈にその味が脳に埋め

込まれます。

ところが、自然食の焼き魚、煮魚は 食べた時に美味しくても 

覚醒作用を覚える程では無いように思えます。

 

この差は使用している味付け調味料の違いではないでしょうか、

焼き魚は塩  煮魚は醤油と味醂など 昔からの製法で作られた

ものを使用しています。

食べた時には美味しいと感じても、食べたくてタマラナイと言う事

もありません。 

私達は、知らない間に味覚を変えられてしまったのかも知れません

 

食べたくてタマラナイ状態を脱却する。

こんな状態になってしまった脳の回路を元に戻す処理を行えば

毎日、食材とカロリーを気にすることなく、食べたい物を食べても

カロリーオーバーにならず肥満の心配も消滅します。

そんな方法を是非実行しましょう。

狩猟採集民族の生活スタイルを真似る

狩猟採集民族は自給自足です。

彼らに肥満、生活習慣病、ストレス、うつ、虫歯は無縁です。

その秘密は、体内に備わっている本能の制御装置をあるがままに

働かせているだけです。

本能の制御装置を働かせるには、彼らと同じような生活をすれば

良いのです。

 本能の制御装置をセットアップしてみましょう。

でも狩猟採取民そのままの生活はできないので、朝、起きてから

夜、寝るまでの生活スケジュールをまねるだけで効果は高いのです。

 

本能制御のセットアップ

本当に簡単な次の方法です。

”スーパーコンビニは問わず、すべての加工食品を排除する。”

と言われて、何を食べれば良いかよく解らないと思います。

 

1.緑黄色野菜

2.タンパク質    魚介類、卵、大豆

3.脂肪            エキストラヴァージンオリーブオイル、

4.酒類            蒸留酒(ウィスキー、ブランデー、ウォッカ、
                                   テキーラ、焼酎)
                       醸造酒(赤ワイン)

 

絶対に間食はダメです。

 

食事方法と生活スタイル 

ダイエットの指導書などでは「1日3食をしっかりとりましょう」と書いて

あります。

厚生労働省のホームページでも”1日3食規則正しく食べましょう”と記載され

ているようです。

 

しかし、江戸時代までは1日2食でした。

いつの頃から1日3食の決まりが起きたのか諸説あるようですが、兎に角、

昔は1日2食と場合によっては午後にオヤツを食べて体力を保っていたよ

うですね。

 

現在の1日3食ですが、肥満体が増えてしまった事もあって合理的か

どうなのか疑問が残ります。

ダイエット指導者の中にも、朝ごはんは必要が無ければ食べなくても

良いし、必要と感じても人によって ごく軽く食べるだけで良いとし

ている方もいらっしゃいます。

 

 

実はこの1日2食と言うのは現在では、ダイエット方法の一つとして存在

しています。

 

プチ断食って聞いた事があると思います。

肥満児がいない、狩猟採集民族の食事方法と言う事ですが、1日のスケ

ジュールは以下の通りです。

1.朝起きて、充分な朝日を浴びる
      朝食は取らないで、御茶を飲む、以降13時までは必要に応じてお茶を飲む。

2.昼には加工食品でないもので食事をする。
      13時~16時の間に最大で900kcalの食事をする。

3.晩御飯は18時~決められた就寝時間の3時間以上前に行う。
       最大で900kcalの食事をする。

就寝時間から翌日の昼頃までは断食と言う訳です。

 運動の見直し

軽い有酸素運動を30分/日を心がける事が必要ですが、連続して30分で

無くても一向にかまいません。

仕事の合間の5分、午後の ひと時の10分、昼休みの軽い散歩を15分と

これだけで30分の運動は簡単にできます。

 

 

ダイエット効果

1.体脂肪の燃焼スピードの上昇
      痩せやすい体質になり、自然と痩せて来て、空腹感が無く痩せられます。
      体の本能的な制御装置が正確に再設定されるとリバウンドしなくなります。
       月に2~3kgペースで自然な減量が可能となります。

2.不眠症の改善
      睡眠時間がダラダラと長くなく深い睡眠状態が保てるために目覚めた後は
     
頭が快調な状態で働く事が可能となります。
      睡眠時間は長くても7時間強に設定できる様になります。
  

3.代謝機能の改善
    代謝機能の改善で睡眠不足も収まり、肌ツヤが非常に良くなり。
     
太りにくくなって来ます。
      精神的に安定して自律神経の安定が図れる様になる事で プレッシャーに
      強くなります。

 

私の今までのダイエットは、今回述べたダイエット方法ではありませんが

自然と行っていた点がいくつかありました。

1.緑黄色野菜を徹底して毎食食べる

2.昼ご飯をとる事が少なく2食/日の場合が多い

3.コーヒー(結石の予防でミルクコーヒーです)を非常によく飲む
      また、炭酸水を1.5L/日は読んでいる。

4.加工肉はほとんど食べない。

等です。

 

なお、加工食品に付いて積極的に研究を始めたのはは50年位前からとの事で

前回の東京オリンピックの頃、つまり日本に肥満児が目立ち始めた時代と

ピッタリ一致します。

重要な事を一つ言い忘れておりました。

好きなものを食べると言っても、6大栄養素である

● タンパク質

●脂肪

●炭水化物(最大2ヶ月間は炭水化物を糖質ダイエットを行うならば
               食べなくても良い)

●ビタミン

●ミネラル

●食物繊維

は必ず摂取してください、特にビタミン、ミネラル、食物繊維は

多めにとる必要があります。

 

まとめ

 

1.人の体に本能的に備わっている制御装置を再設定すれば
      理想の体重を自然と得る事が出来る。

2.加工食品と加工調味料が体重の管理制御装置を狂わせて
      肥満を生み出した。

3.肥満、生活習慣病、ストレス、睡眠不足が存在しない、狩猟採集民族の
      生活をまねる事によって、ダイエットも健康も自然と取り戻す事が出来る。

4.ダイエットの効果を知れば現代病を克服する事が出来る。

カテゴリページに戻る⇒<正しいダイエット>  
TOPページに戻る⇒<TOP>