糖質制限ダイエットは何を食べるの?

糖質制限ダイエットを説明しますね

 

     今ではすっかり当たり前の様に、言われている
     糖質制限ダイエットに付いて今日はお話しします。
      現在の私も糖質制限ダイエットを実行しています。 

          
     感想としては、上手くハマると面白いように減量でき          
     ます。

         
          しかし、”こりゃ凄いや”って感じで強めにやり過ぎ          
          ると、
          ある時、突然に脳裏に甘い物、菓子パン、丼物
          
          パスタ、うどん、蕎麦、が浮かんで来て、全く制御          
          不能な状態に陥り、深夜に豚骨ラーメンを食べて
         
          1ヶ月の苦労が水の泡になる可能性があります。         
          
          大きなリバウンドが起きるんですね、ですから調子が          
          良いからと言って強めの制限を掛けると失敗します。
         
          これは、糖質に関しては勿論の事ですが、カロリー制          
          限に付いても同じことが言えます。

 糖質制限の2つの流儀について

           糖質制限の方法手順に付いては、流儀が3通りありま          
          す。
         
          ただし、ここでは余りに過激な永遠に糖質制限を取る          
          方法は説明しません。
         
          そこで次の2つの流儀を説明します。
          
           

 

元祖流糖質制限

          
            京都・高雄病院理事の江部康二先生が、糖尿病治療の          
           方法から応用したダイエット方法です。
         
          

           この私も、先生の書籍を参考にして糖質制限ダイエッ          
           トを実行して-15kgを達成しました。      
              
           糖尿病で悩んでいましたが血糖値がA1Cが9.1も 
          
あったものが約2ヶ月で6.4まで下がりました。
          
手法は糖質制限ダイエットです。 

           現在は、血糖値に関してはリバウンドを繰り返した          
           ものの、糖質制限療養で、標準値に落ち着いています。
         
             H26.10.3     H26.12.10     H29.1.24
                 6.2            6.2               6.2  標準血糖上限値 
                 9.1            6.4               5.8  検査値          
                 4.6            4.6               4.6  標準血糖下限値         

                  現在は全く糖尿病の薬も処方されておりません。    
                  全て、ダイエット効果であると言う事です。
    
    

ダイエット方法

      
          大きく分けて、糖質摂取を3パターン(3ランク)に          
         分けています。
          
         1.完全糖質制限(スーパー糖質制限)
              3食の食事では一切の糖質を摂取しません。
              特に主食である炭水化物は全て食べません。
             
              いたって簡単な方法です。糖質を1食では20g以上
              また1日の総計では30g以上摂取しないと言う方法
              です。
             
              <飲食してはダメなもの>
              白米、パン、うどん、蕎麦、パスタ、ビーフン
              ハルサメ等です。
             
              果物、スウィーツ、せんべい、柿の種の類
              ニンジン、カボチャ、イモ類
             
              醸造酒のビール、日本酒
             
              フライの衣、天ぷらの衣、ギョーザの皮、ワンタ
              ン等々です。
              相当厳しいですが、効果は相当あります。
              
              
              炭水化物で食べられるとすると、
             
              フランスパン    1切=糖質16.4g
              ライ麦パン       1枚=糖質14.1g(厚さ1cm1枚)
              クロワッサン    1個=糖質12.6g
              ロールパン       1個=糖質14.0g
             
              炭水化物は、食事に食べるのは無理ですね
              この他にサラダを少量で糖質の限界です。
             
              ですから、元祖糖質制限では炭水化物は取らない
              甘い物、果物、缶コーヒー、缶ジュースは飲まな
              いと言う事になります。
             
              最も、カロリー制限ダイエットでも、甘い物、
              果物、缶コーヒー、缶ジュースは禁止食品に近い
              物があります。
              
              
         2.スタンダード糖質制限
              3食の食事の内で1食(夕食以外)糖質の摂取を
              許す方法です。
              
              糖質を摂取する朝食あるいは昼食の場合には糖質     
              は60gまで許されます。

             
              1日の糖質の制限量はMAXで100gが限度です。
             
              白米よりも玄米を食べた方が血糖値の上昇度が低
              いので好都合です。              
              玄米            1膳=糖分51.3g
              
         3.プチ糖質制限
              3食の食事の内で2食(夕食以外)糖分の摂取を
              許す方法です。
             
              糖分を摂取する朝食及び昼食の場合には糖分
              は60gまで許されます。
             
              1日の糖分の制限量はMAXで140gが限度です。
             
              糖分を摂取する朝食あるいは昼食の場合には糖分
              は60gまで許されます。
             
              1日の糖分の制限量はMAXで100gが限度です。



         完全糖質、スタンダード、プチの切り分けは、血糖値で
         決めます、重症は完全糖質、A1C7.0以下ならばスタン
         ダード、標準値に近いかダイエット目的ではプチです。
              
              
         現在私が行っているダイエット方法はプチ糖質制限          
         に近いカロリー制限ダイエット方法です。         
          
         今回、ハッキリとしたことは、夕食は就寝の前なので
         糖分
を採ると寝ている間に体脂肪が蓄積されやすいと言
         う
事です。
          
         これは、私の食事管理でも表れていました。
          
          
        1日の累計のカロリーは少ないのに夕食のカロリーが          
         多いと、翌朝の検量で体重が+400gでしたね。
                    
         糖分かカロリーかの議論を除いても夕食にオーバー気          
         味であると痩せにくい事が解ります。          
          参考記事:シラタキでボロネーゼ 
         

 

ゆるやか糖質制限

          

 

    北里大学北里研究所病院・糖尿病センターセンター長 
    の山田悟先生が推奨している糖質制限のダイエット 
    方法です。
    
    従来のカロリー制限の問題点は、食事の量を大きく     
    削減するために、実行者が長続きしないでリバウンド     
    しやすいと言う欠点があり、しかも食事制限をしてリバ           
    ウンドした場合には体の筋肉量が低下して基礎代謝量     
    が低下します。

    基礎代謝量の低下は、痩せにくい体となるのです。

 リバウンドすると痩せにくい


   リバウンドを繰り返すと痩せにくい体になると言うの       
   はこの事なのです。
       
   しかも骨密度まで減ってしまうと言う事ですから、
   な
おさら基礎代謝量は低下します。
       
   そんな危惧から先生が提唱したのは、なるべく好きな       
   物を食べて空腹を回避して楽しく痩せる方法です。

ダイエット方法

        
       非常にシンプルです。
      
       糖質を1食あたり20g~40g摂取する事を推奨してい       
       ます。

       この範囲で納めれば、高たんぱく質・高脂肪食をとっ       
       ても良いし、カロリー制限もしなくて良いとして       
       います。

      
       Simple is best !です。

       肉食好きの方には魅力でしょうが……       
       ただし、糖分を注意する必要があります。
      
       カルビ焼肉の付けダレの調味料には糖分が入って
       いま
す。

       

       その他、色々と糖分の摂取には気を付け無くてはいけ       
       ません。
      
       決して制限が無い訳ではありません。

       例えば、バナナは2本食べれば42.8gですから完全に       
       オーバーです。
      
      
       私が以前から言っております様にバナナダイエット       
       なんてのはあり得ません。
      
      
       バナナを御飯代わりに薦める方は、血糖値の心配も       
       生活習慣病の心配もなく、机上で計算したデータを       
       実証実験もせずに推奨しているだけだと思います。

       むしろ、体重が増えないで悩んでいる運動選手が       
       モリモリと食べるべき食材です。


元々の考え方は

      
    江部先生と同じく、糖尿病治療の目的の食事療法です

    山田先生はその著書の中で、糖質制限食は糖尿病の    
    治療食ですが、その他にも高血圧、高脂血症の効果も    
    あり、更には”がん細胞”の増殖を食い止める効果    
    もあると期待されています。
       *がん細胞はブドウ糖をエネルギーとして増殖する。
   

    更には今後、深刻な問題となる、認知症ですが、血糖    
    値の上下動が大きい程、認知機能が低下すると最近で    
    は解って来ているようです。

 

 血糖値を下げると体脂肪も減少

 
    糖分を摂取すると、その糖分をエネルギーに変換する    
    目的で膵臓からインスリンが分泌されますが、この    
    インスリンは体脂肪の分解を抑制して、更に血中の    
    糖分を体脂肪として溜め込みます。

    これが、甘い物を食べると太る原因です。    
    糖分摂取の抑える事が出来れば、体脂肪の分解が活発    
    になって痩せると言う事になります。

 

 

結局は食事療法が非常に大切です      

       
         糖質制限ダイエットの優位性を今回はお話ししました        
         が実行しなければ、進みませんし、好転しません。
       
         糖質制限ダイエットを一つ、とっても国内のパイオニ        
         アの方、お二人でもエビデンス(科学的見地)から        
         微妙に方法流儀が異なっています。
        
         今後、もっと明らかになる事があるでしょう。        
         期待しています。

 

まとめ

1.糖質制限ダイエットは炭水化物も含んだ糖分摂取
      を控える事で減量する方法であり、ダイエット
      初期の頃には面白いように減量できるが、
      時として甘い物、炭水化物が覚醒作用で欲しくなって
      大きくリバウンドする事があるので、強めの糖質制限
      控える事。

2.糖質制限にには3つの流儀があるが、実現的な2つの
      流儀の紹介

3.元祖流糖質制限は江部先生が糖尿病治療の中から見つけた
      ものであるが、糖尿病治療にもダイエットにも大きな
      実績がある、自分も糖尿病治療で自己責任で取り入れて
      大きな成果を上げた。

4.元祖流糖質制限には3つのランク(パターン)があり
      ランクは糖質制限の度合いから完全糖質制限(スーパー)
      スタンダード糖質制限、プチ糖質制限に分類している。
      夕食に炭水化物を摂取する事は就寝中に体がエネルギーを
      あまり使用しないことから望ましくない。
      これは、カロリー制限でも夕食は軽く済ますと言う理論
      とも当てはまる。

5.ゆるやか糖質制限流
      北里大学北里研究所病院の山田先生が提要している糖質
      制限です、考え方は江部先生と同じですが、糖質制限の
      度合いがより軽くなっている。
      しかも、1食あたりの摂取糖分は20g~40gといたって
      シンプルです。
      しかも、高たんぱく、高脂肪食でも糖分摂取量さら守れば
      大丈夫と言うから、栄養士もビックりです。

6.糖質制限食は元来は糖尿病治療食ですが、ダイエットは
      当然の事、高血圧、高脂血症、にも効果があり、更には
      癌の予防食としても期待されていると力説しており
      近年、大きな問題となっている認知症の予防にも応用可能
      な期待も抱いている模様。

7.ダイエットに関しては、糖分制限を行うと体脂肪の減少が
  できると力説するのは山田悟先生。

8.メタボ、ダイエットは食事療法が非常に大切であると言う事
      です。

 

最後までご覧いただきましてありがとうございます。
やはり先日の、+400gの問題は前日の夕食がオーバー
していた事が原因であろうと、言う推測が成り立つと思います。

みなさんも、夕食は1食のダイエット制限カロリーよりも少なく
し、更には糖質制限量にも気を付けましょう。

体験ダイエットの料理は、ダイエットの方法の一つの
”置き換えダイエット”ですグルメ記事ではありませんので
よろしくお願いいたします。 

寒天スウィーツも”置き換えダイエット”、これが結構
お腹に溜まります。 

医食同源ですから、スウィーツに関しては男性も女性も
関係ありません。 

何しろ、肥満症と言う一種の習慣病ですから。 

それでは、またよろしくお願い申し上げます。

By メタ坊