お風呂で内臓脂肪が落ちるダイエットなんて本当!

お風呂で痩せるってあり得ない!

 

お風呂には入ってるけど痩せ無いよ。
いい加減な事、言わないでって怒らないでください

この情報は、ある専門情報誌の4月号に掲載されて
いたんですよ。

中身をよく見ると、リバウンドしない方法やら
熟睡してストレスを溜めないやら、書いてあるんです。

この話って、つい2日前に私が投稿した記事と被るじゃ
無いですか?

中身を見ると、体験談も、ありますよ!!
しかも、「気持ちイイことだけ」!!って本当ですか?
信じられないヨ

でも待てよ、ストレスが自律神経に刺激を与えて食欲を
暴走させて肥満になって内臓脂肪が溜まってメタボでしたね

そして、その解決策はコーピングだって、昨日掲載したばっかり
でした。

内臓脂肪はストレスで増える”に次の内容で記事を掲載しました。

方法2 コーピング効果
          ストレスで精神的負担を感じている人は、気分が
          良いと感じる行動を実行する事で自律神経が正常な
          状態に回復する様です

          この行動は個人々々、異なる為に画一的な決まりはない
          ですヨ、散歩をしたり、木に登ったり、キャンプをし
          たり動物と接したり、植物と接したり様々って事です。

 この専門情報雑誌をもう少し、追いかけてみましょう。

体験談をまとめると、

1.入浴時間を満喫してたら、無意識の内に食欲が減った。
     香りが素晴らしい入浴剤を使用して、ノンビリと湯船に
     つかって、読書でもしていると、自分の心に肯定感が
      あふれて来て、そんな入浴を気持ちが良いので暫く
      継続していたら、気が付いた時には何と体重も減って
  いました。

      

2.立ち仕事で疲れた足を、入浴中やTV見ながら足首体操
      をしていたら、ウェストとお腹が2cm位細くなりました。
     
立ち仕事なので、家でくつろいでいる時に、足首をスト
      レッチ代わりにクルクルと回すととても気持ちが良いん
      です。
      寝る前に、この足首クルクルってすると血行が良くなる
      のか、次の日は快調なんです。

体験談を見ると、いかに入浴時のリラックスモードが大切か
解りますね。ストレスの発散です。

次もストレスの発散に関してです。

3.いままで、夕ご飯を食べてから深夜まで仕事をしてそれから
      寝てましたが夕ご飯食べてから、すぐに寝る様にしたら
      体重が減ってる日があるんです。
      
食後にすぐ寝るのは良くないって聞いてるんだけどなんでだ
     
ろう?

この方は1kgほど痩せたそうですが、目覚めて1kg痩せたのは、
汗が出たとか一種の脱水症状とか考えられる事は色々とあります。

また、ダイエットで減量をしていても、右肩下がりに一直線では
下がりません。
リバウンドしながら、上がったり下がったりして減量します。

下は、私の減量経過のグラフです
   ↓     ↓       ↓       ↓

しかし、寝る直前に食べるのはよくありません。

太古の昔からの生活に近い狩猟採集の民族では好きなものを好きな
だけ食べても太りません。
体の中に自動体重制御装置が備わって機能しているからです。

でも、現代人は加工食品を摂取し続けたことによって、味覚障害を
発症している様な状態です。自動体重制御装置が狂ってしまっています。
好き勝手に食べていると絶対に太ります。

狩猟採集民族と同じような自然食を乗用食としない限り必ず太ります。

4.カラオケが好きで、カラオケに行くと必ず痩せます。
     
以前
コーラスグループで活動してたんです。
      大きな声で、大好きな歌を歌うとスッキリします。
      お腹の底から力一杯、大きな声を出して帰って来て
      翌日に体重計に乗ると、減量してるんです。

これは、完全にストレスの発散の究極ですね。
コーピング効果、そのものです。

 

5.旅行とか、楽しい事を考えながら準備してるだけで
      一週間で2kg近くも減量したことがありました。
      これっていったいどうしてですか。

 ストレスを発散しながら、動いたので自律神経が好調に
 働いて脳の分泌ホルモンが脂肪燃焼する効果を発揮したの
 だろうと専門家は指摘しています。

 

ストレスとダイエットには密接な関係がある

人はストレスが溜まると、そのストレスを発散する為に
他の欲求を満足させる行動に出ます。

だから、つい口に物を詰め込んでしまいます。
これは脳の働きです。

ヤケ食い、ヤケ酒は代表例です。

ストレスが溜まると脳の偏桃体が作用して延髄を刺激し
その影響で自律神経が刺激を受けて不調になる事は
お話しいたしました。

そして、自律神経が狂うと欲求を発散(ストレス)発散
の目的でヤケ食いやヤケ酒を場合によっては行います。
この様な行動に出なくても、自律神経が狂うと絶えず、
食べる行動に出てしまう様になります。

更に具合が悪い事に、自律神経に隣接して食欲中枢があ
る為に、食欲中枢が刺激されて食欲中枢のリズムも狂っ
てしまいます。

ですから、入浴でリラックス、カラオケに行ってストレス
の発散、楽しい趣味の世界に没頭する。
これらは非常に重要なストレス発散法です。

過去を振り返る、未来の予測

ストレスを溜め易い人の特徴は、否な過去を思い出して
悩む、更にまた同じような目に合うんじゃ無いかと思い
悩む、これはストレスにとって非常に悪い事の様です。

嫌な事が発生した時と同じ、状況に脳が陥って自律神経
を更に痛めつける事になるようです。

内科医の話です

以前、私が通っていた内科医の話ですが、

夜勤作業者、高血糖、不眠症、肥満症、うつ病
の人は同時にこれらの症状を起こす事が多いそうです。


その明確な原因は、解っていませんが、今までの話を総合
すると、自律神経が狂い、肥満症を発症し、それが原因で
高血糖になる。

夜間作業を行っていると朝日を浴びる事も少ない、体内時計
不眠症になり易い。

これは、私の推測ですが、当たらずと言えども遠からずだと
考えています。

この私も、一時期、夜勤作業者、高血糖、不眠症、肥満症
、自律神経失調症でしたから。

ストレスが溜まるシステム開発の仕事を止めて夜勤作業も
止めて、ダイエットをして血糖値を標準に戻しましたら
最近はだいぶ楽になって来ました。

 

 

まとめ

1.内臓脂肪はストレスが自律神経に働きかけて食欲を
     暴走させる、自分に気持ちの良い事を行ってストレス
   発散を行う事が非常に重要である。

2.入浴、カラオケで減量の効果があったと言う人の体験談の
      まとめると、ストレスの発散は確かに効果がある。

3.自律神経が狂うと暴飲暴食を起こしやすい、ストレスの
      発散を食欲に求まるのは隣接する食欲中枢を狂わすからで
      ある。

4.夜勤作業者、高血糖、不眠症、肥満症、うつ病
     の人は同時にこれらの症状を起こす事が多いと
     以前、内科医が言っていた。

 

      

今日も最後までありがとうございました。

肥満症、うつ病、不眠症、生活習慣病は確かに同根だと思います。
更に、最近の研究では、ネット社会になってから、自律神経失調症
うつ病の患者増えて来たようです。

原因はメールを中心としたテキスト情報にあるのでは無いかと言う
話です、テキスト情報には限られた情報しか存在しない為に読み手が
その文章を、勝手に推測して、悪い情報として捉えてしまうのでは
無いかと言う事でした。

悪い事を思い出したり、悪い状況を想像するだけで自律神経に衝撃を
与えるそうですが、この事象をマインドワンダリングと呼ぶそうです。

しかし、ストレスと脂肪はたまるのに、どうしてお金は堪らないの
でしょう。

さて、熟睡して朝日を浴びてセロトニンを脳から一杯、分泌しま
しょう。   それではまた。                          

By メタ坊