糖質制限食と基礎代謝量の向上で肥満から痩型に変身する基本知識

朝起きたら痩せてた!寝ててもエネルギーは消費する

2017年8月29日更新

朝起きて体重計に乗ると、前日の夜よりも体重が減っているの

に気が付いた事がありますよね。

あれって、夜中に発汗した事もありますが、人間の体は眠って

いても、「呼吸」、「保温」、「内臓活動」でエネルギーを使

うんですね。

 

基礎代謝です。

基礎代謝には体脂肪を使わせろ!

それで身体に蓄えられた体脂肪を分解して「脂肪酸+ケトン体」

を生成してこの「脂肪酸+ケトン体」をエネルギーにしている

と言う事です。

 

寝てる間にも糖質エネルギーを使用している訳ではありません。

あくまでも、糖質エネルギーは緊急即効性の貴重なエネルギー

なんですね。

 

運動選手はいつも体を動かしっぱなしなので糖質エネルギーが

重要ってってって

ですから糖質制限ダイエットって聞くと習慣的に反論するんで

す。

 


、糖質を取らないと筋肉を分解して糖質を生成するって

脳みそに刷り込まれているからなおさらなんですね。

 

しかし、人間は糖質が少なくなれば自分の体にあるアミノ酸、

グリセロール、乳酸を使って(殆どが燃えカスの再利用です)

肝臓で糖分を再生産する事が出来ます。

糖新生って言います。

 

だったら基礎代謝量を増やせば良いでしょう!

そうです、基礎代謝量が増えれば、24時間365日自然と

消費エネルギーが増えます。

しかも効率的にです。

 

基礎代謝量を増やす方法は筋肉や内臓を強化する事です。

 

ですから、最近のフィットネスクラブは糖質制限と筋トレを

主軸にしているんです。

関連記事⇒最短2ヶ月で目覚める筋肉!基礎代謝向上で限界超えの健康ダイエット

 

スポーツ選手が糖質制限したらどうなるか?

こんな実験データがあります。

このデータは江部康二先生の著書で示されている非常に興味

のあるエビデンスです。

 

<糖質とケトン食に関するエビデンス>

 *ケトン食とは糖質制限食です

被験者 :オフロードサイクリング経験者8名

年 齢 :28.3±3.9歳

食料分類:1ヶ月毎にケトン食と高糖質食を食料とした。

ケトン食とは糖質15%、脂質70%、タンパク質15%から
    成り立っている糖質制限食です。
 カロリーの80%が脂質から成り立っている食事であって
    元来は”難治性てんかん”の方を対象とした食事です。

実  験:ケトン食を1ヶ月食料とした後のサイクリング実験
              と
高糖質食を1ヶ月食料とした後のサイクリング
     実験の
それぞれの筋肉ダメージの測定を行った

結 果:安静時ー低強度ー中強度においてはケトン食
         (糖質制限食)
の方がパフォーマンスが高い事が判明
            した。

           高強度では高糖質食の方がパフォーマンスが強い事が
            判明した。

結  論:ケトン食(糖質制限食)よりも高糖質食が向いて
              いる
競技は100m走、重量挙げなどの瞬発力を
                    一気に発揮する運動である。

 

この結果から言える事は、糖質制限食がスポーツには向いて

いない事は無いと言う結論であります。

普通の人間が体脂肪消費のダイエットに糖質制限を行うので

あれば、非常に適したダイエットであると言う事です。

 

さてケトンは体脂肪を分解して生成されますが、ケトンは

基礎代謝の重要なエネルギー源です。

 

このエネルギー源は体脂肪から供給され、寝ている間に無駄な

体脂肪を燃焼してくれます。

 

つまり、基礎代謝量の向上こそがダイエットの貴重な力となり


ます。

下の棒グラフは1日の消費エネルギーの内訳です。

 

基礎代謝能力が向上すれば、厳しく体を動かさなくても体脂肪

が自然と燃えて痩せ易い体になります。

 

その為に何をするかと言えば、筋トレで筋肉を増やす事です。

基礎代謝量の向上で燃える体を作る事が重要です。

 

しかし、筋肉はアスリートでも1年間苦労しても1g~2gしか

増えずに消費されるエネルギー量は15kcal~20kcalしか増え

無いと聞くと脱力感が湧きます。

 

でも筋肉がムキムキに近いアスリートの場合です。

筋肉が退化して数十年も経過している一般人の場合には、その

筋肉の伸びしろが、全く違います。

 

一般人の私たちは筋肉の成長力が著しく高い!!

 

だからと言って、急に準備も無く厳しい筋トレに走ると失敗

します。

軽度⇒中度⇒高度な筋トレの順番行わないと、膝や腰を壊し

たりします。

 

しかも、経験が豊富な専門のパーソナルトレーナーの指導の

下に行わず自己流で行うと、効果が出る前に挫折する可能性が

大きいです。

関連記事⇒糖質量を3倍!パーソナルトレーニング指導の筋トレでスリムになる!

 

肥満タイプと痩型タイプ

同じものを食べても太らない人と、太ってしまう人がいます。

体に食べた栄養素、エネルギーを溜め込むタイプの人は当然太

ります、そしてそれは糖質を食べている人の特徴でもあります。

 

糖質は脂質が生成するエネルギー源である中性脂肪を体脂肪と

して身体に溜め込んでしまうからです。

 

もう一つの原因は代謝機能の加齢などによる低下です。

表1基礎代謝量 男性 女性
年齢
基礎代謝基準値
(kcal/kg体重/日)
参照体重
基礎代謝量
(kcal/日)
基礎代謝基準値
(kcal/kg体重/日)
参照体重基礎代謝量
(kcal/日)
18-292463.2152022.1501110
30-4922.368.5153021.753.11150
50-6921.565.3140020.7531110

 

 貴方は自分が肥満タイプか痩型タイプか判断できますか

自分の体重と上の表の基礎代謝量と年代別基礎代謝基準値

を見れば簡単に計算できます。

 

基礎代謝力<年代別基礎代謝基準値 の不等式が成立すると

体脂肪が燃焼しにくい肥満タイプと言えます。

なお基礎代謝力=基礎代謝量÷体重で求めます

          

体形タイプの計算チェック

    (例)男性、年齢26歳、体重78kgの方の場合
                   基礎代謝力=1520(基礎代謝量)÷78kg(体重)

                                    =19.5

                     年代別基礎代謝基準値=24

                    基礎代謝力=19.5<年代別基礎代謝基準値=24となり

                    肥満タイプと言えます。

 

                    この方の場合には、痩型タイプにするには

                    1520(基礎代謝量)÷(体重)> 年代別基礎代謝基準値=24

                           を成立させる訳ですから

                
                        体重 < 年代別基礎代謝基準値=1520(基礎代謝量)÷ 24 

          体重)< 63.3kgまで減量すればスリム体型に変身です。

 

                    (例)女性、年齢34歳、体重60kgの方の場合
                               基礎代謝力=1150(基礎代謝量)÷60kg(体重)

                                    =19.17

                     年代別基礎代謝基準値=21.7

                    基礎代謝力=19.17<年代別基礎代謝基準値=21.7となり

                    肥満タイプと言えます。

                    この方の場合には、痩型タイプにするには

                    1150(基礎代謝量)÷(体重)> 年代別基礎代謝基準値=21.7

                           を成立させる訳ですから     

X(体重)< 1150(基礎代謝量)÷年代別基礎代謝基準値21.7

 X(体重)< 52.0kgまで減量すればスリム体型に変身です。

 

この求め方は概算なので、基礎代謝量を体組成計で測定すれば

っと算出

 

まとめ           

1.人間は糖質が少なくなれば自分の体にあるアミノ酸、
      グリセロール、乳酸を使って肝臓で糖分を再生産する
      事が出来る。
    この機能を糖新生と言う。

2.運動選手による糖質制限食のエネルギー実験では
      特別な瞬発力を使う運動でない限り、糖質制限食でも
      充分な運動能力を発揮した。

3.体脂肪を分解して生成されるケトンは基礎代謝の重要
     なエネルギー源である。
    
エネルギー源は体脂肪から供給され、寝ている間に無
     駄な体脂肪を燃焼する。
    
つまり、基礎代謝量の向上こそがダイエットの貴重な力
     となる。
    
その為に糖質制限を行って基礎代謝量が燃える体作りが
      重要となる。

4.基礎代謝力<年代別基礎代謝基準値の不等式が成立すると
           体脂肪が燃焼しにくい肥満タイプと言えます。
           なお基礎代謝力=基礎代謝量÷体重で求める。

 

 

こんにちは、今日も最後までお読みいただきまして
ありがとうございます。

自分が肥満タイプか痩型タイプか、御分かりになりましたか
私は完全に肥満タイプのメタボ型です。

もっと減量しないといけません。
5月の上旬から糖質制限してますが順調です。
昨日夜はステーキ200g、アイス1個(糖質20g)、マグロ刺
1人前、煮物一人前、ハイボールロング缶2杯を飲食しました
*853kcal  20.3g糖質⇒山田方式ではセーフです。
が朝の検量では全く体重増していませんでした。

 

お腹は一杯ですし、糖質制限は良いですね。

 

これが夕食にカレーライスなんか食べようものなら
アウトです4月に一晩で1kg太りましたから
しかも、カレーライスは過去に何回もリバウンドした経験が
あります。

カレーとは永遠のお別れです。

それでは又                                       

By メタ坊

 

参考図書:「太らない食べ方」:日東書院本社 著者:土井理沙氏