糖質制限ダイエットはストレスが無いスリム体形創りの基本だった!?

糖質制限はカロリーを気にしない?

糖質制限ダイエットでは、摂取カロリーを気にせずに糖質だけ

を注意していれば良いと言っても、限度はやはりあります。

それは、厚生労働省で発表している 推定エネルギー必要量 で

明らかです。

 男性女性
年齢
活動量 I
(低い)
活動量II
(普通)
活動量III
(高い)
活動量I
(低い)
活動量II
(普通)
活動量III
(高い)
18-292300
2650
3050
1650
1950
2220
30-492300
2650
3050
1750
2000
2300
50-692100
2450
2800
165019002220
70歳上185022002500150017502000

 

男性(上段:運動量低い、中段:普通、下段:高い)

18歳~49歳   2300kcal/日
                   2650kcal/日
                   3050kcal/日

50歳~69歳   2100kcal/日
                   2450kcal/日
                   2800kcal/日

70歳以上       1850kcal/日
                   2200kcal/日
                   2500kcal/日  

女性(上段:運動量低い、中段:普通、下段:高い)

18歳~29歳   1650kcal/日
                   1950kcal/日
                   2200kcal/日

30歳~49歳   1750kcal/日
                   2000kcal/日
                   2300kcal/日

50歳~69歳   1650kcal/日
                   1900kcal/日
                   2200kcal/日

70歳以上       1500kcal/日
                   1750kcal/日
                   2000kcal/日  

上記の限度を超えない限り、糖質制限を行っていれば良いの

です。

この1日の推定エネルギー必要量ですが、とんかつ=486kcal

ですから、男性で約5.5枚(18歳~49歳普通活動)

女性で約4枚強(18歳~29歳普通活動)です。

カロリー摂取量は相当あります。

カロリーオーバーの心配

最近数年間で体重が増えてしまったと思う方は、恐らく上の

推定エネルギー必要量以上に食事のカロリー量が多い方だと

思われます。

 

しかし、無理に必要以上にカロリー制限行う事で基礎代謝量が

減少して痩せにくくなります。

この事はリバウンドの大きな要因です。

やはり糖質制限が一番良い

カロリオーバ実感は、糖質制限を行う事でダイエ

ットを再開して自然と減量することを実感します。

 

元来、日本人は1日のカロリー摂取量の50%以上を糖質に頼り

切っています。

 

ダイエットで減量が再開されるまで3食ともに20g~10gに

糖質制限するスーパー糖質制限を行えば減量できます。

 

しかし度を越した大食は問題

体重と体脂肪に関しては、摂取カロリーと消費カロリーの関係

で決定されています。

 

いくら糖質制限のダイエットを行っていたとしても、摂取カロリ

ーが消費カロリーを上回っていれば完全に太ります。

 

その摂取カロリーの限度が、1日の推定エネルギー必要量です。

逆にカロリーを減少させると

ここで示された摂取カロリーよりも減少した食事をしていると

リバウンドを引き起こします。

更に、思う様に痩せない事で摂取カロリーを減少させると、

基礎代謝量が減少して、皮膚、髪の毛、爪に生気が無くなり

排泄機能も落ち込んで便秘の症状までも発生してしまいます。

 

その様にならない為にはカロリーは1日の推定エネルギー必要

量をしっかりと摂取して、ダイエットは糖質制限で行うべきで

しょう。

カロリー制限は永続不可能

カロリー制限ダイエットは、ある時期に一定期間行う以外は

行わない方が無難です。

カロリー制限では筋肉が減少して基礎代謝量が減少します。

基礎代謝消費カロリ60%をしめています。

 

この基礎代謝量が減少すれば相当の量の消費カロリーが減少し

ます。

 

この様な状況で、ダイエット期間を終えて摂取カロリーを元

に戻すと消費カロリーが減少した分だけ、身体に余分なカロ

リーとして残る訳です。

 

これが、期間限定のダイエットを行った場合にリバウンド

する原因です。

カロリー制限はストレスが発生

一定の期間でダイエットを行えば、ダイエットを終了した時点

でリバウンドしますが、継続する目的のダイエットにおいて

も、この様な状態でのカロリー制限ではストレスが溜まり

ます。

 

ストレスが溜まると、適応反応と言って身体は元に戻ろうとし

ます。


一般的に言われているホメオスタシスを引き起こします。

これが一般的に言われているリバウンドです。

リバウンドをさせない為には、無理の無いダイエットが提唱

されます。

無理の無い食事の摂取量が冒頭で言った摂取カロリーだとする

と基礎代謝量の低下があると痩せるどころか太ります。

そこで筋肉トレーニングを基礎知識が無いまま自己流で行っても

減量は難しいのです。

カロリー制限ダイエットでは痩せる事は無理と考えて無理の無

糖質制限ダイエットを行うべきだと考えます。

糖質制限と筋トレはリバウンドも無い理想の体型

最近のフィットネスクラブでは、カロリー制限は行わずに糖質制限に

よって食事制限を行うクラブがほとんどです。

リバウンドや減量の限界を飛び越えるために専門家の指導による筋

トレを実行してスリム化を目指して理想的な体形を手に入れる事に

成功しています。

糖質制限と有酸素運動だけでは、基礎代謝量が低下してしまった体形を

スリムにする事は不可能と考えて最終的に基礎代謝量の向上を実行して

スリムな体形を作っているのです。

その様なフィットネスクラブの取材を行って、理想的な体形作りのポイ

ントを教えてもらい、記事にまとめてみました。

 

体脂肪を解消、筋肉強化!スリムにコミットするボディメイクの内容は

 

リバウンドに対処するには糖質制限ダイエットによって空腹感の無

糖質制限ダイエットで対応できます。

しかし、糖質制限と有酸素運動では低下してしまった基礎代謝量に

対応して更に減量する事は大変に難しくなって来ます。

 

それには専門家によるパーソナルトレーニングが一番無理の無い

ダイエットとなって来ます。

 

糖質制限と筋トレでスリム化を達成するライザップのダイエット内容

 

低下してしまった基礎代謝量の向上を図るには、糖質制限は当然の事

筋トレとタンパク質・脂質の摂取が大切である事が理解できます。

 

関連記事糖質制限ダイエットにカロリー制限はリバウンドする

まとめ 

1. 糖質制限ダイエットでは、摂取カロリーを気にせずに糖質
      だけを注意していいれば良いと言っても、限度はやはりある。

2.最近数年間で体重が増えてしまったと感じている人は推定エネ
     ルギー必要量以上に食事のカロリー量が多い人だと思われる。
     無理に必要以上にカロリー制限行う事で基礎代謝量が減少して
     痩せにくくなる。この事はリバウンドの大きな要因だ。

3.糖質制限を行う事でダイエ ットを再開すると自然と減量する。
      日本人は1日のカロリー摂取量の50%以上が糖質である
     ダイエットで減量が再開されるまで3食ともに20g~10gに
     糖質制限するスーパー糖質制限を行えば減量できます。

4.カロリー制限ダイエットは、ある時期に一定期間行う以外は
     行わない方が無難。
     ダイエット期間を終えて摂取カロリーを元に戻すと消費カロ
     リーが減少した分だけ、身体に余分なカロリーとして残る。
     これが、リバウンドする原因だ。

5.カロリー制限ダイエットでは痩せる事は無理と考えて無理の
     無い糖質制限ダイエットを行うべきだと考える。

 

こんにちは 今日もありがとうございました。

ダイエットに関しては日々新しい発見があります。
最近は糖質制限ダイエットが主流ですが、全て
糖質制限ダイエットが合理的か証明はされていません。

年代を通じてすべてに当てはまる事なのか、若年層と
中高年層でも全く同じ考え方で良いのか、

ダイエットはもしかしたら、年齢層によって異なって
いるのでは無いか

今後も新たな理論が出てくるような気がします。

それでは 又     

By  メタ坊