糖質制限ダイエットを継続する8原則

期待の糖質制限ダイエットが続かない!その原因は?

空腹に耐えかねてカロリー制限ダイエットに挫折

だから、相当に期待して糖質制限ダイエットを実行しているの

に結果が出ない。

挫折寸前の自分、情けない気持ちが心に深く突き刺さる。

どうしたら良いんだろう。

って悩んでいませんか?

その原因と対処方法が解らないと、継続できるどころかダイエ

ットをそのままあきらめる事になるかもしれません。

でも大丈夫です!

実はこの私も数回、ダイエットに失敗して、やっと糖質制限ダ

イエットの失敗しない方法を掴みました。

 

この糖質制限ダイエットは4年前にも実行して成功しました。

方法も熟知したつもりでしっかりと実行していたはずだったの

ですが、実は最近になって、糖質制限の禁じ手を破っていたの

に気が付いたのです。

 

この禁じ手は後でお話ししますが、糖質制限ダイエットの本の

行間に隠れていて見落としていました。

この禁じ手を行うと、強烈なダイエットの停滞を迎え、行きつ

く先はリバウンドと言う悲劇で終了します。

 

情けない!!!

 

それで、実験に備えてワザと糖質をたっぷり食べて4日間で

3kg太り、禁じ手は正しい事を伝えていたか人体実験検証で

確証しました。*禁じ手は確かに正しかったです。

 

正しい「糖質制限ダイエット」は今月の初めから行ってい

ますが順調に続いています。

 

この人体実験での発見も含めて過去の失敗体験情報からはっ

きりと解った事も併せて書き留めてみました。

過去のダイエット失敗体験情報

失敗する方の多くがそうだと思いますが、情報が多すぎて

あれも、これも自分にダイエットの制限を掛け過ぎて負荷が多

すぎて失敗する事が非常に多いのです。

よくある失敗原因を次に書き出してみました。

失敗法則ー1
   あれもこれもやり過ぎる。
   食事制限で糖質制限ダイエットを行うのであれば、糖質摂取
   量さえ守れば結構です。

   糖質制限には、4パターンの方法がありますが、自分に合っ
   た方法で実行してください。

関連記事糖質制限ダイエットなら楽に体脂肪も体重も減るぞ
関連記事体脂肪を楽に減らすには「ゆるやか糖質制限オフ」

あれもこれもやりすぎる”とは、食事の時に野菜から先に食

べた方が良い、食事は30回良く噛んで、とか、新しいダ

イエット食や方法を見つけると、全てやってみようとしてストレ

スを溜め込んで継続できない事です。

 

食事の順番も確かにあるでしょう、しかしタダでさえスト

レスが溜まるダイエットで、何もかも完璧に行おうとした

らストレスの負荷でつぶされてしまいます。

とにかく食事の制限では糖質量を守る事が一番重要です。

これを守っていれば、その他の事は、先に言った”禁じ手”

以外は無視しても構いません。

 

 食事の時は、野菜から食べた方が効果があるなんて言って

いた同僚(女性)が3時のオヤツにアンパンを1袋全食して

いました。

全く効果ありません。野菜の前食よりもアンパンを止めろ

です。!!

失敗法則ー2
      運動は筋トレから
     
運動も必要なのは解っているのですが、どんな運動が良い
      のか(適しているのか)理解していないで家で腹筋、背筋
      腕立て伏せを実行する。

まったく効果はありません。

腹筋で体脂肪は減りませんし、筋肉を付けるには相当の

時間を要します、辛いだけです。

 

厳しい事を行えば、達成できると勘違いしてるんですね。

スパルタ式の学校教育や部活の弊害です。

 

身体を痛めないうちに筋トレは止めた方が無難ですよ。

筋トレを行うくらいならば、ストレッチやハーフスクワッ

トを行った方が効果があります。

1週間に3日行えば、1ヶ月位で効果が表れて来ます。

失敗法則ー3
     スポーツジムでダイエット
    
必ずしもスポーツジムのダイエットが間違いとは言いませ

ん。


     自分も水泳をジムで行っていた時に、お腹周りが綺麗にな

     りました。

しかし、継続と言うハードルが高いんです。

 

まずは、時間の都合です。

特に30代後半から40代にかけては仕事も油が載って來

る年代で何かと忙しい、きっちりと都合が付けばいいので

すが、中々大変です。

 

水泳にしろサーキットトレーニングにしろ、効果はあり

ます。

ところが、飽きちゃうんですね、水泳は本当に効果はあり

ますが余程で無いと孤独でしかも風景の変わらぬ自分との

戦いに、私は敗れてしまいました。

失敗法則ー4
      避けられない酒席


     
長い人生では酒席は避けて通れません。

問題はお酒では無く、出てくる料理です。
      (お酒は蒸留酒:ウィスキー、ブランデー、焼酎ならOK

宴席ではつい食べ過ぎるんですね、それと糖質量が解り

ません。

 

       いくら糖質制限だからと言ってもカロリーの制限はあり

      ます。

      以下の表のカロリーを守りましょうほとんどの方が守れる

      カロリー制限です。
  

 男性女性
年齢
活動量 I
(低い)
活動量II
(普通)
活動量III
(高い)
活動量I
(低い)
活動量II
(普通)
活動量III
(高い)
18-292300
2650
3050
1650
1950
2220
30-492300
2650
3050
1750
2000
2300
50-692100
2450
2800
165019002220
70歳上185022002500150017502000

   

     酒席が契機となってダイエットに失敗する場合が

あります。

失敗法則ー5
     依頼心が強過ぎる
    
これも、よくある失敗です、ダイエット食品やダイエット

     サプリに頼りっきりで糖質制限を行わない。

 

     ダイエットは食事の内容が7割、2割は運動、そして最後

     の1割が基礎代謝量だと考えられます。

     サプリやダイエット食品が身体に働きかけて自然と痩せる

     事はありません。

 

      甘い物を一杯食べてもサプリやダイエット食品が何とかし

    てくれるだろうと考えているのでしょうが、全く効果はあ

    りません。



  ダイエットでは食事が基本です

      食事を見直さない限りダイエットはできません。

 

以上がダイエットに失敗する主な原因です。

 

それでは、今度はダイエットを継続して成功させる方法に

ついて書いてみます。

ダイエットを継続する方法

信頼性が無いダイエット情報に騙されない

よくネットに1ヶ月で20kg減量!

1週間で7kg減量!

 

あるいは、”30kg減量に成功”とか目にしますが、これは

一時的に減量する事が出来ても、長い期間でみるとリバウン

ドの危険性が非常に高い事に間違いありません。

 

一説には、体重の5%を1ケ月でダイエットと言いますが、

これでもリバウンドの可能性は高いです。

私は1ヶ月3kg減量した時に、内科の先生が”ダイエット値と

して多すぎる”と言われました。

1ヶ月の減量値としては、1.5kg~2kg位が一番快適に減量で

きるとの事でした。

 

私は、この減量5%説は厳しい値だと考えています。

一つの理由としては基礎代謝量が急激に減少する事です。

 

基礎代謝量の減少で体調の不良が考えられますし、痩せにくく

なるからです

 

短期間で急激なダイエットを期待したり、無理なダイエット
を行わない、1.5kg~2kg/1ヶ月に抑えて、楽々ダイエット

 

減量は減量スピードを争うゲームではありません。

必要なカロリー制限を守る事

失敗法則ー4 の表のカロリーを守る事が重要です。

このカロリー制限を破って、食べまくるのは太る原因です

糖質制限は

失敗法則ー4 の表のカロリーを守っていれば減量は可能です。

糖質制限ダイエットで時々、太ったと言う人が居ますが間違い

なくカロリー摂取量が多すぎます。

糖質以外の食物は積極的に食べる

カロリー制限値は厳しくありません。

私でもこの量も食べればお腹がいっぱいになります。

 

ダイエットの挫折や失敗は大体が、空腹に耐えられない事が

原因です。


動物性肉類も植物性タンパク質も脂肪分も積極的に食べる事が必要です。

 

中華料理も焼肉もステーキもカロリー制限値までは一杯食べ

ましょう。

 

またタンパク質は筋肉にとっては必要な栄養素です。

基礎代謝量を減らさない為にも充分に採って下さい。

 

夕食は絶対に糖質制限を行う

糖質制限ダイエットでは、プチ制限、スタンダード制限等の様

に、糖質制限を行わなくても良い食事がありますが、必ず夕食

は糖質制限を行う事が必要です。

 

後は寝るだけですから、エネルギーは起きている時間帯と違っ

消費量が少ないので体脂肪に貯まりやすいからです。

 

糖質制限量を守る

関連記事糖質制限ダイエットなら楽に体脂肪も体重も減るぞ

関連記事に記載されている糖質制限量を守って下さい。


糖質制限では食後の高血糖値を起こさない様に身体に働き

かけていますから。

 

毎食毎の糖質量が非常に重要です。

毎食毎の糖質量は絶対に守って下さい。

20g~10gあるいは40g~20gの糖質量です。

 

調味料に注意する

糖質制限でつい見落としてしまうのが調味料です。

重要な事ですので、調味料の糖質も覚えておいてください。

調味料糖質(砂糖以外)
=======================

麺汁ストレート100g       :糖質量8.7g
ソース小さじ1              :糖質量1.8~1.6g

ケチャップ小さじ1         :糖質量1.3g

マヨネーズですが大さじ1で0.2g~0.5gですから

カロリー制限の場合と違って禁止食ではありません。

コレステロールの原因では無いと言う事ですの

で以前の様に過敏になる必要も無いと思います。

 

野菜はたくさん食べる

野菜をたくさん採る事で食物繊維が豊富に摂取できる事は

言う事も無い。

ダイエットを行っていると便秘症になり易い事もあるので

食物繊維と水分補給は欠かせません。

 

また糖質制限ダイエットでは肉類を多く食べる事もあるので

野菜は欠かせないと言う事になります。

 

カロリー制限を行うな

上の方で記載した”カロリー制限”の表ですが、この表に準じた

カロリー制限は必要ですが、絶対にカロリー制限ダイエットの

カロリー量を計算して食事で食べるカロリー量を減らさないで

下さい。

 

糖質制限ダイエットでは、カロリー制限を併用
する事は絶対に禁止です。

 

糖質制限を行った上にカロリー制限を行うと、過剰なストレス

が掛かって耐えられなくなって来ます。

 

何かの拍子に、炭水化物系のお菓子を少量食べただけでこれが

引き金になって、ものの見事にリバウンドします。

 

これは、気持ちの問題では無く、完全に脳の問題です。

外からのストレスに対する反応=適応反応によって基礎代謝量

が低下します。

 

すなわち痩せにくくなってきます=停滞期、この時期を過ぎて

もカロリー制限を行っているとホメオスタシスの本能から

リバ ウンドして食欲が止まらなくなります。

 

カロリー制限は人間の本能である飢餓に対する防御本能ですか

避けるのが非常に難しいのです。

 

しかし、1年以上も同じ様な状況を作っていると身体が慣れて

来て減量も達成できるようです。


それには完全に食生活を変えて自然食の味付けに慣れる事が

必要です。

実はこの様な方法でのダイエットもあります。

一番、理想的なダイエットなのですが、実行するには相当な

負担が掛かります。

 

パレオ式ダイエットです。
 関連記事本来、体重は自動管理されているはず

まとめ

1.ダイエットの失敗例としては
      あれもこれもやり過ぎる。:基本の食事を見直さずに何でも実行
                                           して3日坊主
      運動は筋トレから            :運動は厳しければ効果があると思
                                            っていきなり筋トレから実行する
      スポーツジムでダイエット :スポーツジムさえ通えば間違いな
                                            いと決めつけて飽きてしまう。   
      避けられない酒席            :避けられない酒席で糖質量も構わ
                                            ずに飲食してリバウンド
      依頼心が強過ぎる            :サプリメントやダイエット食品
                                             に頼り切りで自分で努力しない

2.以下の原則を守る事が必要。
     短期間で急激なダイエットを期待したり、無理なダイエッ
     トを行わない、食事のカロリー量を守り空腹を避ける

      糖質以外の食物は積極的に食べる、 夕食は絶対に糖質
      制限を行う、
糖質制限量を守る、調味料に注意する、
      野菜はたくさん食べる

      カロリー制限を行うな

 

 

こんにちは、今日も最後までありがとうございました。

ダイエットのこのブログも情報がある程度まとまって
来ました。

コンセプトとしては健康を目的としたダイエットです。
20代の終盤からお腹周りが膨らんで運動を中心に
ダイエットに取り組む方もいらっしゃいます。

30代の後半から40代にかけては生活習慣病の予備軍
となる方もおりますので注意が必要です。

可能な限り医者通いをするのではなく、食事の見直し
と運動で改善してください。

医者通いすると、お金は掛かりますし、薬なんか飲んでると
肝臓に負担が掛かって来ます。

昔はダイエットはカロリー制限しか方法がありませんでしたが
現在は糖質制限ダイエットがあるので随分楽になりました。

生活習慣病は早期の内に痩せれば、大体が治ります。

難しいのは加齢で基礎代謝量が落ちて来るので消費カロリーが
自然と
減ってしまう事です。

これがダイエットでは一番難しいです。

それでは また      

By  メタ坊