解消!肥満症と中性脂肪~40代以降の肥満と体脂肪

中性脂肪と血糖値対策は微妙に違う!!

肥満症が引き金になって発症するのが生活習慣病です。

40代からは健康診断の血液検査では、中性脂肪を指摘される方も

相当に多いと思います。

そして、健康診断の結果報告書の所見欄に”肥満症の改善”

”生活習慣に対する注意”が記入されるのを見つけ、気になります。

しかし、ほとんどの人は自覚症状が無いので、そのままずるずると

時間の経過とともに忘れてしまいます。

気になる肥満体とメタボ腹

スーツも肥満体形で買い替えたし、気に入ってたジーンズも履け

なくなった。

悩んで、”運動でもしよう” と言う事でジム通いに励むんですが

これが中々続きません。
関連記事⇒ダイエット挫折の原因は運動だった

結局、仕事が忙しくなって来ていつの間にかリタイアです。

この第一の段階で失敗する方って随分と多いと思います。

しかも、内科医の先生でダイエットの方法を知らない方が多すぎます。

 

いまだに、ダイエット=カロリー制限+筋トレと考えている先生が

非常に多いのは事実です。

一番、ダメなダイエット方法です。

しかも永続性が無い上にリバウンドの可能性が非常に高い方法です。

筋トレをダイエットに取り入れるのであれば、まず最初に糖質制限を行う
必要があります。

今年の夏に実績がある著名なフィットネスクラブで取材を行ったレポート記事
を参考にして下さい。

標準体重にまで減量できずに、”停滞それとも限界と悩んでいる貴方の参考と
なると思います。

関連記事⇒ライザップのダイエット食とは何か?
関連記事⇒ダイエットの限界を超えるのか?

 

ダイエットは理論的には有酸素運動+糖質制限(ケトン体質改善)

肥満症を解消して健康体を取り戻して維持するのであれば、糖質量

20g~10gの糖質制限ダイエットでケトン体質に改善する事が一番

です。

関連記事⇒ケトン体質を作る「糖質制限」で健康体になる

ところが、万全だと思っていた糖質制限(ケトン体質改善)には

気が付いていなかった不備がありました。

 

糖質制限(ケトン)の不備とは何か?

肥満体を解消する、血糖値を下げると言う目的であれば全く問題は

ありません。

私も実際に、この3ケ月で-5kgを達成していますし、空腹感も無く

カロリー制限の様な”痩せ我慢ダイエット”でストレスを溜める事も

ありません。

 

脂質異常も血糖値の対策も、肥満解消が一番重要な点なので見落と

してしまうのですが

1.脂肪の摂取

2.アルコールの摂取

実はこの2点に付いては、対策が全く異なっています。

肥満&血糖値の糖質制限では許可されていた!

1.脂肪の摂取

に関してはトランス脂肪酸(マーガリン)、リノール酸(サラダ油)

規制していますが、動物性脂肪(牛・豚等の油=飽和脂肪酸)は

規制していません。

むしろ、タンパク質の主要食材である動物性の肉は大いに食べるべ

きだと主張しています。

 

2.アルコールの摂取

糖質を含んでいる醸造酒は禁止とするが、糖質を含まない蒸留酒は

飲酒しても良いとされています。

そのつもりで、糖質制限で許可された食材であるから脂質異常に関

しても許された食材と思い込むとこれが大きな間違いなのです。

 

 脂質異常では油物もアルコールもNGです。

中性脂肪、コレステロールが異常である場合には動物性の脂肪を

食べてはいけません。

 

血糖値を下げる目的でしたら、糖質制限だけで大丈夫なのですが

脂質異常では脂肪を食べると明らかに中性脂肪を増やします。

飲酒は蒸留酒、醸造酒の別なくアルコールが中性脂肪を増やすので

禁止となります。

中性脂肪は肝臓で合成されてコレステロールを増加させます。

 

この発症は血糖値が下がって、体重も減少しているのに脂質異常の

状況が悪化しているので、最初は理解できません。

肥満症から発症する生活習慣病は、この様に微妙なところで対処が

異なりますから非常に面倒です。

血糖値の対処では食べても良いが、脂質異常でNGの食品は以下の

食品です。

アルコール、揚げ物、ナッツ類、動物性脂肪(牛豚はNGです)
マヨネーズ     鶏肉・マトンはOKです

 

人体実験での脂質異常に対する危険食!!

私の過去数年の食事管理データから脂質異常と思われる食事を

あげてみます。

1.すき焼き

データが2年前と多少古いですが、すき焼きを1週間前に
食べた後で病院の血液検査の結果です。

中性脂肪に関しては、標準上限値の160をはるかに超えて

います。

この時は飲酒もしていますので相当な値が検出されました。

コレステロールは標準範囲内です。

糖質制限を行っていても、これほどまでに中性脂肪は上昇して

しまいます。

中性脂肪
H27/11/4               H27/12/10
160 (上限正常値)   160(上限正常値)
156    検査結果           365 検査結果
30 (下限正常値)    30 (下限正常値)

コレステロール
H27/11/4                H27/12/10
139(上限正常値)    139(上限正常値)
101   検査結果              97   検査結果
70  (下限正常値)      70 (下限正常値)

こちらも参考になります
関連記事⇒体験情報!中性脂肪と血糖値の関連性~40歳代からの健康ダイエット

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まとめ

1.肥満体を解消する、血糖値を下げると言う目的であれば
      一番効果があるが
      しかし、脂質異常も血糖値の対策も、肥満解消が一番重
      要な点なので見落としてしまうのが
      1.脂肪の摂取、2.アルコールの摂取である。

2.脂肪の摂取は動物性脂肪は血糖値の節制時の様に摂取
     すると中性脂肪が上昇する、アルコールは醸造酒・蒸留酒
     の別なく中性脂肪を上昇させる。

特に脂質異常の場合には”すき焼き”は絶対に厳禁である。

 

 

こんにちは、今日も最後までありがとうございます。

脂質異常の場合も血糖値の場合にも肥満症対策が

一番、重要ですが、脂質異常の場合、カロリー制限に関する
食材があるので、面倒です。

しかし、糖質制限とカロリー制限を併用する事は厳禁ですから
タンパク質は魚介類と植物性のタンパク質を中心に食べなければ
いけません。

肥満症⇒生活習慣病は本当に面倒です。

肥満症は健康診断で見つかったら食事に見直しを掛けて早いうちに
対処する事です。

それには糖質制限でケトン体質に改善する事だと思います。

それでは   また              

By  メタ坊