実体験!糖質制限で体脂肪が10kg以上減量したダイエットの情報

ダイエットの方法と順番

 

食事 有酸素運動で減量して

筋トレで基礎代謝量を向上してスリムに!
*何も活動しないでも身体を機能させるために必要なエネルギーです
    内臓の働き、脳の働き、筋肉働きに必要な消費エネルギーです。

 

肥満から発症した生活習慣病を完治する目的で健康的な糖質
制限ダイエットを行って3ヶ月で10kgのダイエット、半年で
15kgのダイエットに成功したので、その方法をまとめてみま
した。

1.食事は糖質制限で

一番簡単に健康にダイエットするには糖質制限を行う事です。
炭水化物を始めとして糖質を1食に10g~20gに制限する事です。
これだけで3kg/1ケ月の減量に成功します。

この”スーパー糖質制限=糖質量10g~20g/1食”を継続する事で
体脂肪をエネルギーとして使用するケトン体質に改善されて、体脂肪が
解消されます

また標準的カロリーを採っていればカロリー制限は行う必要は全くありません。

日本人の食事摂取基準(2015 年版)

 男性女性
年齢
レベル I(低い)レベル II(普通)レベル III(高い)
レベル I(低い)レベル II(普通)レベル III(高い)
18-292300
2650
3050
1650
1950
2220
30-492300
2650
3050
1750
2000
2300
50-692100
2450
2800
166519002220
70歳以上185022002500150017502000

カロリー制限を行ったダイエットは耐え切れなくなって、まず失敗します。
筋肉を分解してエネルギー源のブドウ糖を生成しますので基礎代謝量が低下
して肌荒、便秘、爪割、抜け毛、頭痛、集中力減少などの体調不良が発生します。

 

 

 糖質制限ダイエットは体脂肪の解消で楽に減量できます

 

2.体脂肪の燃焼

体脂肪を簡単な有酸素運動で燃焼します。
30分のウォーキング、ハーフスクワットが簡単で有効です

 

3.週2回の中高度な筋トレ

基礎代謝の衰えで痩せにくくなっているので、更に痩せる
にはトレーニング器具を使用した筋トレを週2回程行います。
この筋トレには、糖質量を増加して即効性のあるエネルギー源
のブドウ糖を食べ、タンパク質を充分に摂取する必要があります。

 

 

糖質制限ダイエットは最近では正しい方法や注意点も専門家から発表
れています。

数年前には認められていなかった糖質制限が広く認められて
では有名なフィットネスジムでも運動と食事の指導は当たり前
となっています。

糖質制限ダイエットは間違いなく健康ダイエットに成功します

 

関連記事⇒糖質制限ダイエットはリバウンド無く体脂肪も痩せる

関連記事⇒体脂肪の減少「ゆるやか糖質制限」と「スーパー糖質制限」の違い

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

糖質制限ダイエットで空腹は無し

 

昔の様に一切の糖質を食べない糖質制限ダイエットと異なって
糖質は毎食、最低でも10gを食べる事が今の糖質制限ダイエッ
トでは決まりです。

昔の様な完全糖質制限の様に糖質量が異常に少ないと発症する
血管障害にも対処しています。

上限は方法によって20gあるいは40gです。
糖質制限ではカロリー制限は特にありません。

 

関連記事⇒体脂肪を減らして痩せるにはやはり糖質制限

 

カロリーは普通の食事量

糖質制限ダイエットは糖質を制限して中性脂肪を溜めこまない
事が太らない第一原則としています。

更に、身体に貯め込まれている体脂肪を分解してエネルギー源
にして使用してしまおうと言う方法も併せ持っています。

糖質制限ダイエットを行っていれば、体脂肪が分解されて劇的
痩せて来ます。

カロリー制限の様に空腹感に悩まされる事は全くありません。
糖質制限を行うと、炭水化物をほとんど食べないので、カロリ
ー不足になる可能性があります。

 

カロリー不足になると頭痛がしたり集中力が働かないと言う
作用が発生します。
ですからしっかりと食べる事が大切なのです。

   関連記事⇒糖質制限ダイエットにカロリー制限はリバウンドする

 

 

糖質制限は楽に体脂肪が減少する

とにかく、毎日、体重計に乗るのが面白い程簡単に痩せます。

この時のダイエットはスーパー糖質制限(糖質量=20g~10g/1食)
を行いましたが、3ヶ月で10kgは痩せる事が可能です。

 関連記事⇒糖質制限ダイエットで体脂肪が減少した体験情報

 

楽に体脂肪を消費する

糖質制限は、身体からブドウ糖が無くなり始める約2週間目か
ら体脂肪の中性脂肪を分解してケトン体を生成してこれをエネ
ルギー源とする為に、体脂肪が減り始めます。

糖質制限ダイエットでは、

1.体脂肪が健康的に解消する

2.体脂肪をエネルギー源に活用

体脂肪からエネルギー源となるケトン体を生成します。
ですから、糖質制限ではお腹の周りの体脂肪も加速度的に
減少
して来ます。

 

関連記事⇒糖質制限ダイエットは空腹なく安全にスグに痩せる

 

リバウンドしても再挑戦

私の標準体重は67kgにも拘わらず、94kgもあったので糖質
制限を行っただけで簡単に痩せました。

しかし、半年を経過した頃にカロリー制限も併用したことが
原因でリバウンドしています。

糖質制限でこれだけ痩せたんだから、カロリーも制限すれば
最強とばかり、ついやっちゃたんですね。

 

これが大失敗であっという間に6kgのリバウンドです。

後で解ったんですが、糖質制限の専門医師の方が
”糖質制限”だけで充分、+カロリー制限は絶対にリバウンド
すると説明しているんです。

ですから、糖質制限を実行するなら、カロリー制限は行わない
事です。

 

 

 関連記事➡糖質制限ダイエットにカロリー制限はリバウンドする

 

カロリーに関しては”推定エネルギー必要量(2015 年版)”に
っていれば充分です。

こんな事でリバウンドしても糖質制限だけを行えば、すぐに
また痩せ始めます。

絶対にカロリー制限は止めましょう。

カロリー制限を行うと筋肉が分解されて基礎代謝量が低下する
ので痩せにくくなります。

 

空腹感や甘い物が欲しい時の対処

糖質制限ダイエット中でも、空腹感を我慢できない、甘い物が
どうしても食べたくなる事はあります。

そんな場合の対処方法です。

空腹感の心配は必要無い

脂肪、タンパク質を”日本人の食事摂取基準(2015 年版)”に

したがって大幅にカロリーオーバーしない様に食べる事です。

 

 

糖質制限を行ってダイエットを行うと、カロリーオーバーし
ない食生活になって来て、標準のカロリー値内で間に合います

ですから、タンパク質(肉、魚介類、大豆)、脂肪、野菜
海藻をお腹一杯食べても問題はありません。

 

炭水化物を中心とした糖質さえ制限
すれば脂肪、タンパク質は食べても平気です。

 

糖質を食べたい時には

コーヒーに砂糖は入れたい、でも糖質制限では制限されてい
ます。

こんな時には人工甘味料を上手に使いましょう。

料理の調味料にも必須です。

スウィーツも食べたいですよね、そんな時には低糖質の糖質
制限用のお菓子がコンビニでも販売されています。

 

 

糖質制限用の麺類もあります。

関連記事⇒体脂肪を減らそう~糖質0麺ヤキソバの体験情報

 

 

糖質制限は体脂肪を分解燃焼

糖質制限で体脂肪を分解して生成されたエネルギー=ケトン体
を燃焼させるには、有酸素運動を少なくとも30分は行う事が
大切です。れで、体脂肪は減少します。
お勧めの有酸素運動はウォーキング、ハーフスクワット、水泳
ラジオ体操です。簡単にできます。

 

最近の糖質制限ダイエットは

4年前とは違って糖質制限ダイエットは楽になりました。
ただ痩せるだけでは無く、体脂肪を分解しながらお腹周りを
スリムにして痩せる事が出来る事が理解されてきたからです。

まずは、糖質制限でお腹を一杯にして体脂肪も体重も減らす
ダイエットを目指しましょう。

           
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村